実況パワフルプロ野球10

2003年に発売され購入したプレステ2用の実況パワフルプロ野球に今でもはまっています。
過度に人物が立体的に描かれていないですしあまりに漫画チックではないので操作がしやすい点が長続きする要因です。

様々なモードがありますが、主にプレーするのはペナントモードです。
実際のプロ野球のペナントレースのように3月後半から日本シリーズも含めると11月まで日付設定がされています。
オフの行事も全てスケジュールされています。
それが十年分あります。

一年で150試合以上をプレーするので結構なボリュームがあります。自分でプレーすれば1試合約20分かかりますので一年分プレーしようとすると累計20分×150=3000分=50時間以上かかるので、凄いです。さすがにまだ十年はプレーしたことはありませんが、五年分はプレーしたことが有ります。

なぜ、複数年プレーするかと言いますとシーズンオフの戦力外通告・ドラフト・FA補強・キャンプなどを自ら操作・指揮することに依り前年と違うチームが作れるからです。時には思い切った戦力外を通告したりドラフトで競合してクジを引いたりFA選手の獲得条件を練ったりとゼネラルマネージャー的な役割操作も出来るので面白いからです。

ペナントレースのプレーは、レベルが選べます。弱いモードでは手ごたえがなくパワフルモードでは変化球を多投されたりで難しすぎるのでいつも標準モードで気持ちよくプレーさせてもらっています。
十点差ぐらいで勝つことが多いですがストレス発散には最適です。
はるか昔に戦力外になっている選手がゲーム中では首位打者になったりと自分の操作一つでチームのメンバーが変わるので面白いです。
十年以上前のソフトで今も楽しめるとは本当にいい買い物をしました。