オールドゲーマーの懐かしい話、ドラゴンクエスト1編

ドラゴンクエスト1、最初に見た瞬間これは凄いですと、でも買ったのはドラゴンクエスト3が発売1週間前でした。当時1も2もやってから3をやろうと思い買ったのです。
たしか3が出る前なのか、中古でも値下がりはせずに1も2も買って、攻略本も買って帰りました。家につくなり、すぐテレビの前にテレビつけカセット差し込みスタート。
あの曲が流れてきました、これから冒険始めまる、それだけでテンションがあがります。

とりあえず曲だけ5分ほど聞いていました。
で、ゲームを始めると、一国の王様に個人的に頼まれます。

姫を助けてくれと竜王を倒してくれと。
いやいや、ちょっと待てくださいよ王様!あなたの兵はどうした?

それを使えよ王様と思いつつも、はいはい判りましたよ王様とこの世界を救うために・・・でもしかし旅の支度と言って50ゴールドは無いよ王様、そんなにこの国は貧困なのかと、でも違うよなと思いつつ城から出るといきなりモンスターはスライム・・・可愛いので最初は戦うことはせずに逃げてばかりいたが、流石にレベルの為に泣く泣くスライム殺しまくり、ある程度レベルをあげてから、スライムは全部逃げる一択でした、メタルスライムは除きますが。やっとドラゴンを倒し姫様を助けて城に帰らず、町の宿で泊ると宿主が一言「昨夜はお楽しみでしたね」・・・子供なら意味が分からないよねと、もう大人だったのでそこはムフフでした。

で、そこで仕事の為に寝ようと思い、ゲームを終わらす前に呪文(パスワード)をとらないといけないので取り、そして朝に仕事行き、帰ってきてすぐさまパスワードを打ち込み・・・この呪文は違います、えっもう一度、この呪文は違います・・・初めて死にたくなりました。その反省のため、考えたのはファミコンの電源を落とさない、それでクリアと普通思いますね?残念ながら停電、HPが0になりました。