古本をネットで売る方法

こちらのブログを読みました。
古本処分 : 羊日記

本を処分するときには大抵ブックオフを利用することが多いと思います。
なぜなら、大抵家の近くにある古本屋がブックオフだからです。

本を買い取りしてもらうときの金額に関しては、安いと思います。
それは、処分する本に対して思い入れがあったりするからかもしれません。

ブックオフで高値で買取をしてもらえる本は大抵、流行の少年漫画の最新刊のみです。
それに対して、少女マンガはかなり安いです。文庫本になると、本当に捨てるよりはマシという値段になってしまいます。

ただ、それはお店としても売れない本を買い取っても不良在庫になるだけでお店の利益にはならないからだということも理解しています。
高値で買い取ってもらえる本というのはそのときにブックオフでよく売れて、なおかつ在庫が少ない本となっているはずです。

どんなに安くても捨てるよりは、と思って本を買い取ってもらうために持っていくのであまり値段に関しては気にする人は少ないのかもしれません。

査定の時間は長いか短いか、よくわかりません。私にとっては好きな本や興味のある本が立ち読みできるので査定の時間に関して気にしたことはありません。
でも、いつもかなり大量の本を持ち込むので、時間がかかります、とは言われています。

過去に一度だけ、ブックオフの訪問買取のサービスを利用したのですが、これはかなりがっかりでした。
がっかりというのは、値段がということです。
普段、買取してもらう本の値段はあまり気にしないのですが、このときばかりは驚きでした。安すぎではないか、という印象を受けました。

当時、私は一人暮らしをしていて車もなく、本を買い取ってもらうためには自転車でブックオフを何往復もする必要があるくらいの本が家にたまっていました。そこで、少しくらい安くても、という気持ちで連絡して来てもらったのですが、本当に安すぎて驚きました。

もちろん、車で来てもらうということは人件費にガソリン代もかかってしまうので仕方のないことだったのですが、その時以来、どんなに本がたくさんあっても自分で持込で本を買い取ってもらっています。

そもそも先ほどのブログによれば、買取してもらえる場所はブックオフ以外にもたくさんあります。
特にネットで買取してもらう場合にはなおさら選択肢があります。もっといいのはオークションのように自分の要らない本が再利用という形で誰かの元に届くシステムではないか、と思っています。

毎回何かあるごとに、自分の処分したい本を捨てなければならないなら、きっと私は本を買うということをやめているはずです。
使えるものを安く誰かに提供するということはいいことではないでしょうか。